1. HOME
  2. ブログ
  3. 枯れたのではなく、これはアンティークに変容したのだ♪

枯れたのではなく、これはアンティークに変容したのだ♪

花びらに素敵な「枯れ感」が漂っていたので、夏のある日に一枚撮っておいた写真です。

まさに「いぶし銀」にも似た、円熟味といいましょうか。。。

骨董品的でアンティークなとでもいいましょうか。。。

これを「朽ちた」とか「枯れた」と言うと、どうしても残念な気持ちになってしまいませんか?

何だかそれで終わっちゃったような、もの悲しさを覚えるのです。

物の見かたや考え方で未来も変わるとするなら、幸せな気持ちになるものを選びたいですよね。

残念じゃない見方をすれば、もれなくとっても幸せな気持ちになりませんか?

枯れて朽ちて終わるのではなく、その先に続くストーリーを組み立てようではありませんか(^^♪

人間歳を重ねていくうちに、どうしても「若い頃は良かったと」ため息をつくシーン。。ありますよね。

体力・知力・スピード・とどめは見た目のルックス!。。。( ;∀;)

どうしてもそこに注力してしまうのは分かるけど、それじゃ歳を重ねる意味がない。

もっと中高年向けの前向きなストーリーはないのか!

 

そして残り少なくなった脳をフル回転して、ふと考えたのです。

「枯れた」を「変容した」に取り替えるだけでも響きがだいぶ違いませんか?

体力の無さや頭の回転の悪さに伴う、スローな展開、図々しさ。。。そしてみずみずしさの抜けた外観 ( *´艸`)

それらをすべてこの花に置き換えて、変容したことのへの価値を取り戻しましょう!

まるで別のものに新しく生まれ変わったかのごとくに。

むしろ日々生まれ変わることの「楽しみ」として、老いをとらえようではありませんか!

多くを乗り越えてきた余裕の笑み。

そこはかとなく漂う自信に満ちた佇まい。

出会いと経験の多さに裏付けられた、深く心に刺さる言葉。

もし枯れた姿の中に、若いころには得られなかった別の美しさを発見できるなら、それはとっても幸せなことだと思います。

変容。。。それは心も体も別な新しいものに変わったということ。内側からにじみ出てくるような変化。

今日はすべての人にいずれ訪れる変化、「老い」を肯定的に考えてみました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

写真素材のピクスタ

おすすめ記事

最新記事

カテゴリー

Blogランキング

BlogCircle