1. HOME
  2. ブログ
  3. 柑橘がイメージさせるもの

柑橘がイメージさせるもの

最近柑橘類が多く出回っている

柑橘のイメージとして

一番にはやはりその爽やかな酸味と苦み!

そしてその酸っぱさと苦みが肝臓の働きを助けるそうな

春先に出回る苦いものは必ず食べておくようにと

昔母から言われた訳が、最近になってようやくわかる。。。

体は・・・

春になると冬に蓄えた脂肪を一斉に溶かすらしい

木々の芽吹きとともに、ヒトの体も一気に代謝が上がり、

脂肪に溶け出したもろもろの毒素の分解が、実は追い付かず・・・(◎o◎)

肝臓が悲鳴をあげるのは間違いない

旬の食べ物には訳があるのだ!

自然の摂理には訳があるのだ!

・・・と、だんだんわかってくる

柑橘類がイメージさせるものがもう一つ

太陽である

黄色やオレンジの元気になる色は

カラーセラピー的にも、アロマオイル的にも

心がリフレッシュし、元気になる作用があるとのこと

春になってちょっと頑張りすぎたかな・・・と感じたら

ゴールデンウイークが終わって五月病にかかってしまったかもと感じたら

今一番の旬の食べ物を口にしてみましょう!

心も体もきっと元気になることでしょう!

今日は柑橘のイメージについて書いてみました!

miracle!!miracle!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

写真素材のピクスタ

おすすめ記事

最新記事

カテゴリー

Blogランキング

BlogCircle